順位決定方法

プロ野球のレギュラーシーズンの順位はセリーグとパリーグ共に勝率によって決まる。つまり勝率がリーグで1番高い球団が優勝となる。

ただし同率の球団が2球団以上出た場合はセリーグとパーリーグで順位決定方法に若干の違いがある。

【セリーグ】
・同率の球団の中で勝利数が多い球団を上位とする
  これでも決まらない場合は・・・
・シーズン中の当該球団における対戦勝率が高い球団を上位とする
  これでも決まらない場合は・・・
・前年度の順位が上の球団を上位とする

【パリーグ】
・シーズン中の当該球団間の勝率が高い球団を上位とする
  これでも決まらない場合は・・・
・セリーグとの対戦を除くパリーグ同士の対戦成績の勝率が高い球団を上位とする
  これでも決まらない場合は・・・
・前年度の順位が上の球団を上位とする


【ペナントレースの開幕権について】
 ペナントレースの開幕権は2年前の上位3球団にある。以前は前年順位で決められていたが、2002年のサッカー日韓ワールドカップが行われた際、プロ野球も盛り上がろうと開幕戦を全国主要6都市(札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)で行ったことで、2001年の順位が2002年の開幕に反映されないことになったため、やむなく2001年の順位を2003年に反映させようということになった。
 ただしパリーグは2011年の東日本大震災の影響により楽天の本拠地球場が使用できない事態が起き、この年の開幕カードが実施されなかったことにより開幕権が行使されなかった。よって2009年の順位が2011年に反映されなかったため翌年の2012年に反映されることとなった。以降3年前の順位が反映される。(2013年時点)


 関連記事:クライマックスシリーズ

最終更新:2015/9/7


目次へ (用語一覧へ) >>

タグクラウド