マジックナンバー 計算方法

マジックナンバーとは、プロ野球のペナントレースにおいて優勝が決まるまでに必要な勝利数をいう。2位以下のすべてのチームの自力優勝の可能性が消滅した時点でマジックナンバーは点灯する。

「自力優勝の可能性が消滅する」とは、仮に2位チーム(マジック対象チーム)が残り試合に全勝し、1位チームがその2位チームとの直接対決以外の試合に全勝した場合に、2位チームが勝率での逆転が不可能になった状況をいう。

つまりその2位チームは、他のチームが1位チームとの対決で勝ってもらわないと優勝できないということ。

マジックナンバーは点灯したチームが1勝すると1つ減り、対象チームが1敗すると1つ減る。点灯チームが勝ち、対象チームが負けると一気に2つ減る。
なお対象チームとは、マジックが点灯していないチームのうち残りを全勝した時に最も勝率が高いチームをいう。

★マジックナンバーの計算式(参考)
マジックナンバー = (マジック対象チームの現在の勝利数 + マジック対象チームの残り試合数) - (首位チームの現在の勝利数 + 1)

※実際はもっと複雑な計算が必要で正確に求められない場合あり。上記はあくまで参考程度で。



 ★この「マジックナンバー 計算方法」の記事がYahoo!ニュースに掲載されました→確認 >>


最終更新:2017/9/7


目次へ (用語一覧へ) >>

タグクラウド