外国人枠

外国人枠とは、日本プロ野球においてプレーする外国人選手の出場枠をいう。

MP900422550.JPG

1軍登録できるのは4人まで。しかし投手だけ4人または野手だけ4人という形で登録することはできない。投手または野手それぞれ3人まで登録できる。
なお支配下登録人数には制限はない。

試合出場は野手は3人までラインナップに入れることができる。この場合、投手も1人(先発)登板でき、1試合に同時に4人の外国人選手が出場することも可能。ただし投手が代打や守備にまわったり、代走で出場する場合は、野手として扱われる。

例外として以下の条件に当てはまる選手は外国人枠には含まれない。
 a.日本の中学、高校、短大、専門学校などに通算3年以上在学した者
 b.日本の大学に継続して4年以上在学した者
 c.日本に5年以上居住し、かつ日本野球連盟(社会人野球チーム)に通算3シーズン以上在籍した者
 d.日本プロ野球でFA(フリーエージェント)の資格を取得した者
 e.上記a、bの年数に満たなかった者で、学校の在学期間と日本プロ野球の在籍年数の合計が5年以上の者


 ※上記dに関して例を挙げると、読売ジャイアンツ(当時)のアレックス・ラミレス選手は2008年FA資格を取得し、2009年から外国人枠を外れて日本人扱いでプレー。


★この「外国人枠」の記事がYahoo!ニュースに掲載されました→確認 >>


 関連記事:支配下登録選手


最終更新:2016/5/17

☆☆ウインターリーグを放送中!☆☆
放送日程をチェック>>


目次へ (用語一覧へ) >>

タグクラウド