クライマックスシリーズ(CS)

クライマックスシリーズは、セリーグ、パリーグそれぞれ上位3球団によって日本シリーズ出場権をかけて争われる。(リーグの順位はクライマックスシリーズ開幕2日前までのもの)
 ※順位の決定方法はこちら

リーグ別の呼称としてセリーグでは「クライマックス セ」、パリーグでは「クライマックス パ」という。リーグ2位球団と3位球団との対戦を「ファーストステージ」、リーグ1位(優勝)球団とファーストシリーズを勝ち抜いた球団との対戦を「ファイナルステージ」と呼ぶ。

1. ファーストステージ
2位球団と3位球団が対戦する。3試合制で全て2位球団の本拠地で行われ、勝利数が多い方が勝者となり、次のファイナルステージに進むことができる。ただし、1勝1敗1分、または0勝0敗3分となった場合は、2位球団が勝者となる。
また、2試合を終えた時点で、どちらかの球団が2勝した場合は2勝した球団が勝者となり、2位球団が1勝1分となった場合は2位球団が勝者となり、3試合目は行われない。

2. ファイナルステージ
リーグの優勝球団とファーストステージを勝ち抜いた球団とが対戦する。6試合制で全てリーグ優勝球団の本拠地で行われる。リーグ優勝球団には1勝のアドバンテージが与えられる。このアドバンテージの1勝を含めて4勝した方がクライマックスシリーズの優勝者となり、日本シリーズ出場となる。
なお、勝利数が同じになった場合は、リーグ優勝球団がクライマックスシリーズの優勝者となり、6試合全てを行う前に勝者が決した場合は以降の試合は行わない。

 ※延長戦についてはこちら予告先発についてはこちら

主催者は上位球団、すなわちホームチームとなるため、入場料、放映権料などの億単位の収入のほぼすべてがホームチームの球団に入る。そのためペナントレースの2位と3位争いも熾烈なものとなることも。


最終更新:2016/10/8

タグクラウド


目次へ >>