トレード

トレードとは、選手が他の球団へ移籍することをいう。(一般的にFAによる移籍や自由契約後の移籍などは含まない。)

トレードには、実力が近い選手同士を交換する「交換トレード」、移籍先の球団に金銭を支払って選手を買い入れる「金銭トレード」、交換選手も金銭も伴わない「無償トレード」があり、「交換トレード」と「金銭トレード」を併用するトレードや獲得した選手をすぐに他球団に移籍させて違う選手を獲得する「三角トレード」もある。

トレード期間は、レギュラーシーズンが終了した日の翌日から翌年の7月31日まで

トレードされる選手の移転費は、選手の譲り渡し球団と譲り受け球団が等分に負担して、譲り渡し球団が選手に支払う。(両者の話し合いで負担割合を決めることもできる。)

ちなみに選手はトレードを拒否することはできない。拒否するとプロ野球選手としての資格を失うため、それを避ける手段として選手は任意引退を選ぶ(※1)ことになる。任意引退となれば、原則(※2)他球団で監督やコーチにはなれず、また選手としてもプレーできないため、実質球界から去ることは避けられない。


※1:仮に選手が自由契約を望んでも球団は拒否するだろう。それはトレードを拒否した選手には他球団との契約をさせないという懲罰のような意味が込められると思われる。
※2:最終所属球団の許可を得れば他球団で復帰可能。

 
 関連記事:自由契約任意引退

最終更新:2015/10/11


目次へ (用語一覧へ) >>

タグクラウド