年俸

年俸とは、1年単位で支給される給与体系で、プロ野球選手は年俸制で契約している。その年俸額は、投手なら勝利数や防御率など、野手なら打率や打点など様々な数字を基に評価される。
球団が選手に対して支払う年俸の対象期間は、毎年2月1日から11月30日までの10ヶ月間。

シーズン終了後には、個人事業主であるプロ野球選手は球団と雇用契約について交渉するが、これを俗に契約更改交渉という。金額など契約内容に納得すれば選手はサインをし、来年以降も選手として契約することとなるが、それに納得できない場合は、サインを保留し、2回目以降の交渉に持ち込むこともある。
なお、代理人による交渉が認められており、交渉の場に代理人を伴うか、あるいは代理人単独での交渉を行う選手もいる。

年俸が減額される場合には、以下のような制限がある。
 ・年俸が1億円を超えている場合は減額は40%まで
 ・年俸が1億円以下の場合は減額は25%まで
  ※選手の同意があればこの限りではない


最低年俸は、支配下登録選手が440万円、育成選手が240万円。
なお、年俸が1500万円未満の選手が一軍登録(出場選手登録)された場合には、1500万円からその選手の年俸を差し引いた金額を150日で割った金額が支給される。(一軍年俸の最低保障額)

 例を挙げると・・・
 年俸1050万円の選手で登録日数が100日の場合
  1500万円-1050万円=450万円
  450万円÷150=3万円
  3万円×100日=300万円

よって300万円が追加の報酬として支給される。
ただし、年俸と上記金額との合計が1500万円を超える場合は、その超過額は支払われない。


 関連記事:年俸調停支配下登録選手育成選手制度

タグクラウド


目次へ >>