ポスティングシステム

ポスティングシステムとは、日本プロ野球において認められる移籍の形態の一つで1998年にできた制度であるが、2013年からは制度が改められた。

ポスティングシステム希望選手の日本の所属球団は上限2000万ドルまでの譲渡金を設定し、メジャーリーグコミッショナーに告知。
その譲渡金を支払う意思のあるメジャーの全球団と交渉することができ、契約が成立すればその合意に達したメジャー球団から譲渡金額がその選手の日本の旧所属球団に支払われる。
交渉期間は30日間。譲渡金の分割払いが可能。制度の有効期限は3年間で以降1年ごとに更新。

2012年までの制度との大きな違いは、選手の日本の旧所属球団には譲渡金2000万ドルまでという上限が設けられたこと。そのため、2000万ドルを超えるの価値のある選手の場合でも2000万ドルまでしか受け取れない。(ちなみに2011年、ダルビッシュ有は約5170万ドルだった。)
また選手にとっては複数のメジャー球団と交渉できるようになり、選択の幅が広がったと言える。


【2012年までの制度】
選手がメジャーリーグへの移籍を希望し、それを所属球団から認められた選手に対してメジャー球団が入札し、最高金額を入札した球団にその選手との独占交渉権が与えられる。ただし、その金額にその選手の所属球団が了承した場合に限る。交渉成立後、その金額がその選手の旧所属球団に全額支払われる。


 関連記事:フリーエージェント(FA)制度

目次へ (用語一覧へ) >>

タグクラウド