教育リーグ

教育リーグ

教育リーグは主に二軍の若手を中心とした選手の育成を目的としたリーグ。

春季(3月)と秋季(10月)の二度開催され、春季リーグは二軍のオープン戦のような役割があり、選手の能力を見極める場であり、秋季リーグはフェニックスリーグと呼ばれ、若手選手の課題克服や成長を目的としている。

参加球団は、イースタンリーグ7球団(読売ジャイアンツ、 千葉ロッテマリーンズ、 横浜ベイスターズ、 東京ヤクルトスワローズ、 北海道日本ハムファイターズ、 埼玉西武ライオンズ、 東北楽天ゴールデンイーグルス)、ウエスタンリーグ5球団(中日ドラゴンズ、 阪神タイガース、 オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークス、 広島東洋カープ)。
育成選手も参加できる。韓国プロ野球の球団や国内の独立リーグの選手も参加している。

なお、一軍選手がクライマックスシリーズや日本シリーズのための調整の場として出場することもある。


目次へ (用語一覧へ) >>

タグクラウド