野球殿堂

野球殿堂は、1959年に日本の野球の発展に大きく貢献した人達の功績を称えるために創設された。殿堂ホールは東京ドーム内の野球体育博物館にある。

野球殿堂入りには、「競技者表彰」と「特別表彰」があり、さらに「競技者表彰」は「プレーヤー表彰」と「エキスパート表彰」の2種類ある。

【競技者表彰】
・プレーヤー表彰
 対象者
  現役引退したプロ野球選手で、引退してから5年以上経過した者。
  引退後15年間が選考の対象となる。
 選出方法
  野球報道に関して15年以上の経験を持つ者(約300人)が投票し、75%以上得票すれば殿堂入り。

・エキスパート表彰
 対象者
  a:現役引退したプロ野球のコーチ、監督で、引退してから6ヶ月以上経過している者。
  b:現役引退したプロ野球選手で、引退してから21年以上経過した者。

 選出方法
  殿堂入りした者、競技者表彰委員会の幹事(約50名)と野球報道の年数が30年以上の委員(約70名)が投票し、75%以上得票すれば殿堂入り。


【特別表彰】
 対象者
  a:引退後6ヶ月以上経過しているプロ及びアマチュア野球の審判員。
  b:現役引退したアマチュア野球の選手、コーチ、監督で、選手は引退してから5年、
    コーチ、監督は引退してから6ヶ月以上経過している者。
  c:プロ及びアマチュア野球の組織または管理に関して野球の発展に顕著な貢献をした者、
    貢献しつつある者。
  d:日本の野球の普及と発展に顕著な貢献をした者、しつつある者

 選出方法
  プロ野球の役員及び元役員、アマチュア野球の役員、野球関係学識経験者(14名)が投票し、75%以上得票すれば殿堂入り。


殿堂入りを果たしたものは野球殿堂博物館内の殿堂ホールに表彰レリーフ(ブロンズ製胸像額)が掲げられる。


最終更新:2017/1/17


目次へ (用語一覧へ) >>

タグクラウド