戦力外通告

選手に対して戦力の構想外にあるとして解雇通告すること。

通告された選手は自由契約任意引退となる。

通告期間は「10月1日からレギュラーシーズン全日程終了の翌日まで」と、「クライマックスシーリーズ終了翌日から日本シリーズ終了翌日まで(日本シリーズ出場チームはシリーズ終了してから5日後まで)」である。

「戦力外通告」と「自由契約」との違い
戦力外通告された選手はただ選手契約を解除されただけの選手で所属していた球団はもう契約するつもりはないということを意味し(=クビ)、一方自由契約となった選手は全球団と自由に契約を締結できる立場の選手(一応の現役続行の道筋をつける手続きをしてもらえる)ということである。
ただしどちらの選手であってもトレードや獲得オファーがあって現役を続行できる場合もあれば声がかからずそのまま球界を去ることもある。


 関連記事:自由契約任意引退


最終更新:2017/10/29

☆☆ウインターリーグを放送中!☆☆
放送日程をチェック>>


目次へ (用語一覧へ) >>

タグクラウド