2段モーション・反則投球

2段モーションとは、投球時に足を上げた後、いったん足を下げてまた足を上げる投球モーション。

2005年頃までは、本来2段モーションは公認野球規則によると投球動作を途中で止めたとみなされて反則投球となるが、その規定に曖昧さがあったために何人かの投手が2段モーションで投げていた。

2006年以降、国際的な基準に合わせるという名目で、2段モーションで投球した投手に対し反則投球が宣告され、ランナーがいる場合は「ボーク」、ランナーがいない場合は「ボール」が宣告される。





最終更新2017/8/24


目次へ (用語一覧へ) >>

タグクラウド